古くて新しい漢方の知恵を愛犬に

:

:

こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

私は普段、犬の健康を家庭で守るために必要な「基礎知識」をお伝えする仕事をしています。

さて、犬の健康を考える中で最近、人間の医療の世界では「古くて新しい薬:漢方」が注目されています。

二千年以上の伝統を持つ「漢方薬」は長い時間をかけて実践を重ね、洗練され、安全性をより高められ、現在私たちは「最善」とされるレシピで作られた漢方薬を気軽に利用することができます。

その漢方薬を「」にも利用できるとしたら、多くの飼い主さんはびっくりします。

あなたの愛犬の健康管理にも「漢方薬」を使ってみませんか?

:

漢方薬を動物治療に活用する獣医師が増えてきています。

そのため、獣医師向けに「ペットのための漢方薬の使い方」をまとめた書籍も販売されています。

以前、この書籍を私が運営するメルマガでご紹介したところ、とてもたくさんの方が興味を持ち「犬に漢方薬が使えるとは知らなかった!」と大きな反響がありました。

そして、人間向けの漢方薬講座はあるが、犬のための漢方薬利用について学べる講座がないので、ぜひ諸橋さんのところで開講して欲しいです、というリクエストを多数頂戴するようになりました。

そこで、漢方薬を犬に利用するために最低限、飼い主さんが知っておくべき安全上の注意点犬のよくあるこんな症状に、どんな漢方薬が使えるのか?といった基礎情報、を漢方薬初心者の方向けにわかりやすく講座にまとめることにしました。

 

それが、

 

PCやスマホで学べる:愛犬のための漢方薬基礎講座

 

です。

 


 

もともと漢方とか、東洋医学的なものに興味はあるんだけど、初心者だから難しく感じてしまう…という方向けに、まずは「漢方医学の基本」からしっかりレクチャーする講座構成になっています。

 

基本を理解し、愛犬のかかりつけの西洋医学の獣医師ともきちんと協力しながら、漢方薬を愛犬の健康管理に活用したいとお考えの飼い主さんにぴったりの講座です。


講座カリキュラム


【1】基礎編:

あなたの愛犬の体に合った

「ぴったりな漢方薬」を選ぶのに必要な漢方医学の基礎知識を学びます

漢方薬選びで大切な「証(しょう)」について基礎から学びます。愛犬の体の状態に合わせてぴったりな漢方薬を選ぶために必要な基礎知識をここでしっかり身につけます。

【2】症状別漢方薬編:

犬のよくある「体の悩み」「トラブル」に合わせて「どんな漢方方剤が使えるか?」を学びます

:

:

  • 漢方利用時の基本の考え方
    ;
  • 胃腸のトラブル:胃腸の調子が良くない・嘔吐・下痢・便秘・黄疸・肝炎・好酸球性腸炎
    :
  • 皮膚のトラブル:乾燥した皮膚のトラブル・ジクジクした湿疹・強いかゆみ
    :
  • 腎臓・泌尿器のトラブル:腎機能低下・尿が出にくい・血尿・膀胱炎・ストルバイト結石
    :
  • のトラブル:外耳炎・湿った耳垢・耳垂れ・繰り返す耳の炎症
    :
  • のトラブル:ドライアイ・結膜炎・充血・目やに・涙やけ
    :
  • のトラブル:副鼻腔炎
    :
  • 循環器のトラブル:動悸・息切れ・胸水
    :
  • 風邪に似た感染症:寒気(震え)・咳・痰・鼻水・発熱・吐き気・空咳
    :
  • 内分泌系のトラブル:糖尿病・甲状腺機能低下症
    :
  • 精神・神経系のトラブル:認知症・興奮・イライラ・不眠・ストレス・てんかん
    :
  • シニア犬のエイジングケア

【3】犬によく使われる漢方方剤37種の解説

犬によく使われる漢方方剤について、含まれている生薬、どのような目的で使用されるかを学びます

→ 取り上げている生薬のリスト(テキスト版)はこちらからご覧いただけます

<2019年2月14日以降配信開始予定>
【4】漢方薬に含まれる生薬35種の個別解説

犬によく用いられる漢方方剤に含まれる「生薬」35種類の特徴と働きを学びます

 

尚、講座は全て「動画配信」で進めます。PCまたはスマホ、タブレットで受講頂く「オンライン講座」です。

「オンライン講座」での学び方詳細は、こちらをご参照ください

→ Dog Health Care College Web」愛犬の健康ケアを動画配信形式で学ぶWEB講座について。


付属テキスト:PDFファイル形式にて配布

スマートフォン、タブレットなどでも気軽にご覧いただける電子書籍スタイルのテキストが付属しています。


動画をメールで自動配信:Youtube配信フォローメールシステム付き

1日置きにメールで講座動画を配信する「フォローメール」システムが付属しています。メールでの配信形式はYoutubeです。

そのため、忙しい方でも1日置きに動画を1本ずつ視聴するだけで、自動的に講座を最後まで受講することができます。1回の配信でお送りする動画は5〜10分程度です。


受講期間の制限なし!

当講座はいついつまでに全ての動画を観終えなくてはいけない!といった「受講期間の制限」を設けていません。

忙しい方でも時間をかけて、マイペースでゆったり学んでいただけるよう、一度お申し込みをされた講座は期間制限なしにずっと動画を視聴いただけます。


動画は全てダウンロード可能!

mp4形式でのダウンロードに対応しています。

PCやスマホに動画をダウンロードすれば、繰り返し、好きな時に視聴して学習できます。


では、「愛犬のための漢方薬講座」受講料のお話です。

一般的な漢方薬講座(人間向け)を受講する場合、5万円〜数十万円するセミナーまで様々です。多くはプロ向けに、漢方薬の指導士養成や資格取得を目的とするものです。

また、漢方薬の理解には「漢方医学」や「中医学」の基礎知識が必須ですが、こちらも基礎から学ぼうとすると数万円から本格的な中国留学コースで数百万円台と振り幅が大きいです。

ところで、愛犬家の皆さん望む所としては

犬に漢方薬を利用するための、犬に特化した知識と、必要な箇所だけかいつまんで学べると嬉しいのだけれど…

というのが本音ではないでしょうか?

ゼロから漢方医学の基礎を学び、次に薬の知識を…と段階を踏んでいると、時間も費用もかかります。

いくら大切な愛犬のためとはいえ、それだとあまりに効率が悪いです。

そこで今回、「犬に漢方薬を利用する」にあたり、最低限ここだけは抑えて置けば大丈夫!という知識をコンパクトにまとめたのか「愛犬のための漢方薬講座」です。

必要な知識をコンパクトに、効率よく学べるこの講座の受講価格は:

特別価格:24,900円(税込)

<特別価格は30名限定となります>

です。

お申し込みされる方は、下記のボタンをクリックしてください。

*特別価格でのご提供につき、個別のご質問にはお答えできません。ご質問が多い内容については、受講生通信でのオープンな場での回答となりますが、運営のリソースが限られているため、全員への回答は確約できません。自習型の講座である旨をご理解の上、お申し込みください。


ごめんなさい…次のような方はお申し込みしないでください。


西洋医学は嫌い!西洋薬は体に悪い!だから自然で体に優しい漢方を選択したい!という方

漢方薬単独では治療が難しい病気もたくさんあります。西洋医学と併用することで、漢方薬は効果を発揮し、犬にとっても良い結果が得られます。そもそも漢方薬も薬である以上「副作用」もちゃんとあります。

自然は基本、厳しいものです。漢方薬への過度の期待、偏った思い込みは使い方を誤る元となるため、このようなお考えの場合は受講はご遠慮ください。